Sasha Leather Jacket Black
253,000円(税23,000円) 〜 275,000円(税25,000円)
各オプションの詳細情報
size
36253,000円(税23,000円)
×
38
40
42
44
Amount

Sasha Leather Jacket Black
253,000円(税23,000円) 〜 275,000円(税25,000円)
原皮から選び抜いた最高の素材
原皮選びは奥が深く春夏秋冬の気温差、梅雨や冬の乾燥等の湿度の差によっても性質が変わってきます。
それだけでなく現地によって育て方や原皮の処理の仕方が違うので見極める必要があります。
その中で満足のいくクオリティの原皮を産地等も指定して厳選しています。



上質な革を選別していますが、原皮は1枚1枚表情が違います。
原皮は天然の物であり、人の肌と同じように全く同じものはありません
それと同じように傷やシミは必ず存在しますが1つとして同じものはないので
自然の中で生きた証である傷やシミ等も風合いとして楽しんでいただければと思います。



革やアイテムによって考え抜かれた最高の鞣
一般的になめしといえば
タンニン鞣、クローム鞣、油鞣、塩鞣、等のなめす方法が色々あります。


ウエットブルー、クローム鞣を代表する色の生地

日本ではタンニン鞣のヌメ革が良いものでクローム鞣のものは安いものと言う固定概念のようなものがあります。
実際は鞣方によってどれが良くてどれが悪いと言ったことではなく、鞣方によって革の性質が変わり、革を最終的にどう言う風に仕上げたいかによってなめし方を選んでいくことになります。
さらに場合によっては複数の鞣を合わせることもあります。


植物タンニン、1種類ではなく複数を混合して仕上げたい風合いによって配合を変える。


そしてタンニン鞣やクローム鞣と言う手法の中でもタンナーごとに秘伝のレシピがあり
使用する薬品の濃度や種類、配合や手法が違い、それぞれに得意な仕上げ方があります。
それらを踏まえた上でレザーを創り上げます

原皮の品種、産地、鞣しの方法、仕上げに至るまで全て指定し
職人たちと2人3脚で作り上げた新たなレザー
何度も試行錯誤し
レザーにとって不要な仕上げをせず
革本来の良さを最大限活かしたレザーは
手触りはもちろん質感も楽しめます。



ただただ厚みや
ヴィンテージ感を求めるので無く
革とは何か
真の良さとは何か
革の事を想い
デザインと向き合い
古きを知り
新しく活かす
そして創上げた新たなかたち
BONCOURA Leather
茶芯にすることにより
使い込んでいくと表面の色がフェードし
さながらデニムのようにアタリが出てきます。


ファスナー
BONCOURAユーザーには馴染みの深い
BONCOURAオリジナルのファスナー
一からデザインしたオリジナルパーツ
テープ面にもこだわりコットンを採用
合成繊維では表現できない
コットンテープにしか出せない質感や経年変化は
使うごとに深みを増します。



レザーのために新たにデザインし
生まれた新タグ
昔ながらの
織り機で新たに織られたタグは
古き良きタグの質感を生み出しています。
素材はレーヨンを採用し
レーヨン独自の光沢が上品さを
醸し出しています。

裏地
肉厚に織られた
キュプラ生地は
これ以上分厚く出来ない限界の厚みを達成
キュプラながら
裏地のキュプラとは思えない質感は
表のレザーに負けない質感です。
ツイル状に織られた生地の中に
BONCOURAのロゴが配置されています。




BONCOURAがデザインし
職人たちの手によって形作られたバックル
昔ながらの真鍮の流し込み製法により
産み出される
味のある質感は使い込むごとに
味が増します。


50年以上前のヴィンテージナットのペレットを
職人が一から削り出し
昔ながらの方法で黒に染め上げ
命を吹き込み
創り上げたBONCOURAオリジナルボタン
昔ながらの染めは使い込む事により
色の変化が起き
唯一無二のボタンへと変化していきます。
ボタンは職人の手付けです。











エイジングサンプル













エイジングを考慮した仕上げを行っておりますので色落ちしやすく
色移りしますので淡色のコーディネイトは気を付けるようお願いします。




Buy it now